FC2ブログ

下半身が新品な君たち、、、寄っといで

僕らはみんな可哀想

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

昨季使用した構築の紹介



特筆することも無いガルクレセですが個別解説の方に移って行きます。


ガルーラ@ガルーラナイト 陽気AS
猫騙し 捨て身タックル 冷凍P 炎P
ガルガブガッサ、ガルクレセドランといった対面選出、サイクル選出の両方に組み込める型を目指した。
最初は猫捨てレンチ地震で採用していたが、途中でボーマンダ+ナットレイのような不快サイクルが多いと感じたため、そこを分からせかつAの指数を落とさない冷凍P炎P両採用のこの構成に落ち着いた。
他に意地AS秘密不意砕くグロウも試したがこの構成が最もしっくりきた。
型を変更するだけでメタを潰すことの出来る間違いなく最強のポケモン。


ガブリアス@拘りスカーフ 意地AS
逆鱗 地震 雪崩 空元気
ガルガッサが相手の受け駒を疲弊させた後やクレセドランでサイクルを回した後の〆として、単純でありながら最も優秀であると思い採用した駒。
素のSが高いためS上昇系積みエースへのストッパーの役割、高速ATを上から潰す役割も担っている。


クレセリア@ゴツゴツメット 図太いHB
サイキネ スワップ 毒毒 月の光
ガルーラを使う際に対応が難しいバシャーモやミミロップといった格闘を高い物理耐久で受けることが出来、後続に毒毒等で負担をかけて行ける。
役割対象であるバシャーモはバトンタッチの採用率が高いが、後続に毒を入れることでガルーラの猫騙し騙しやキノガッサの先制技と合わせて処理がしやすくなる。
ムンフォ毒電磁波月光の型も考えたが、より選出幅を広げられるのがこの型と判断した。
メインウェポンであるサイキネをムンフォしようか迷ったが、親子愛を奪ってもガルーラの身代わりが割れないと分かり断念。



ヒードラン@残飯 穏やかHD基調
マグスト 挑発 守る 毒毒
クレセリアとの補完に優れ、その組み合わせにより多くのポケモンの相手が出来るヒードラン。
以前採用した際にマグストを全く当てなかったため採用を渋っていたが、実際使用してみると命中通りに技を当て、追加効果も優秀なため重宝した。
マグストを当てた状態でメガゲンガーと合わせることで、実質メガゲンガー2匹のような形になり相手の自慢の交換読み交換を防ぎ快適な戦いを送れた。
挑発は相手のスイクンは当然のこと、クレセリアのトリル乱舞瞑想辺りを防ぐほか、ニンフィアの瞑想、ゲンガーの道連れを防いだりと有用なシーンが多かった。
この自覚のあるヒードランを貸してくれた某犯人の方には心からの感謝を送りたい。



ゲンガー@ゲンガナイト 臆病hcS
祟り目 ヘド爆 鬼火 道連れ
XYS4から愛用している構成のメガゲンガー。
ガルーラ軸で面倒なサイクル系統の構築にクレセドランと合わせて選出していく。(筈であったが恐らく選出率トップ)
ガルーラでゲンガーと1-1をとった後に剣舞ガッサで暴れてくる役割集中をガルーラに鬼火を当てた後にクレセリアと合わせて見れる鬼火、クレセドランで状態異常を多く撒くため祟り目、汎用打点としてのヘド爆、ゲンガーがゲンガーである所以の道連れで完結している。
ゲンガー対面で強い構成ではないため、意地ガブの逆鱗耐えまでのHBと最速を確保し、残りは火力を求めてC振り。


キノガッサ@襷 陽気AS
種ガン マッパ 胞子 剣舞
気合いの襷を盾に高い対面性能と崩し性能を併せ持つ剣舞ガッサ。
クレセドランで大きく隙を見せるスイクンに対して強く、眠りターンや種の数に依存するもののタイプ的に不利な相手でも突破可能。
意地ガッサ抜きの耐久ベースガルーラが多いと感じたため最速。ガルーラにS勝負で勝ってることが多く、この点は良かったと思う。

「ガルーラで荒らし、ガッサで崩し、ガブリアスで〆る」
「ゲンガーで無理な駒を潰し、クレセドランで詰ませる」
のがこの構築で大きな2つの勝ち方であった。

選出をミスらなければ選出段階で辛いPTが少なく、対面選出の場合ガルガッサで運勝ちを拾えたり、サイクル選出でも高い数値によって外し負けや急所負け等があまりなかった印象。

最高レートは2184

ここまではマッチング運、対戦運共に良かったが、1600代1800代に連敗した所で力尽きた。
この前にも自らのプレミを含めてシングル最強候補の方を2200に行かせてしまっていたり、XY終盤に僕がクレセドランを使う原因となった立ち回りが全然甘くない方に負けていたりと2200常連の超一流の方々との差を感じた。

この構築はS13で上位に行った方のPTと全く同じ並びであり、その方のPTの完成度の高さに感銘し参考にして、ゲンガッサの並びを試行錯誤しながら組んで行ったが結局同じ並びになった。(ガッサスイクン、ボルトガッサ、ボルトゲンガー、ゲコゲンガー、ゲンガースイクン等を試した)

また、同じ並びでS14で1ページ目に載っている方もおり、自分が今回2200に乗れなかったのは自らの力不足であると感じている。


S14はリアルの関係でORASで2200を目指せる最後のシーズンであったため、本気で目指しに行ったが後一歩の所で逃してしまい本当に悔しい。


もし新作が発売されシングルレートに戻ってくることがあれば、全力で頑張りたい。



〜Special thanks〜
自覚個体値31のヒードランを貸してくれた犯人ことロジウニ君
今回の構築には入っていないもののボルトロスを貸してくれたCさん
毎回ツイキャスを見に来てくれた魔界蹴球部の面々+池沼おにいやん数人

スポンサーサイト
  1. ポケモン
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

1位でした。
使用構築は以下のようになります。
九尾優勝
これからレートでも使用するため詳細は以後追記します。
image1.jpg


[追記]
ガルーラ@メガ
猫 捨て身 レンチ 地震

ガブリアス@スカーフ
逆鱗 地震 雪崩 ドラクロ

クレセリア@ゴツメ
サイキネ 毒 スワップ 月光

ギルガルド@残飯
シャドボ キンシ 身代わり 毒

バシャーモ@襷
膝 大文字 めざ氷 守る

マリルリ@ラム
じゃれ ジェット 滝 太鼓

  1. ポケモン
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

クソ自己満オナニー記事として1年間使ってきた構築まとめ。
役に立つ記事が無さ過ぎる本ブログの中でも3本指に入る役の立たなさ。
因みに残りの2個は「徒然糞」と「キャラランク」です。

S7

弱かったしテスト前だったけど最高にポケモン楽しんでた。
メガマンダが発表されXY終盤から暖めてたカバドリマンダの形。
今思うとこれ相手のガルーラどうすんの(^ー゜)

S8

レートインフレしたのにgmだったシーズン
正直レートはしてたけど考えてやってたかと言われたらうーむ。
最終日の前々日位からリアルの知人達と北海道行って飛行機前のネカフェで徹夜でレートしてたり、最終日のホテルの中でレリセしたりマジで意味がわからなかった。

S9

ここから本ブログが始まる。
某強者2人の構築を足して5で割ったくらいの感じ。
間違いなく今使ったら弱いけどORASの中で一番気に入ってる構築。
ORASでは唯一最終100位以内入ってる。
ここら辺まではポケモン楽しんでやってた。

S10

クソ記事と名高い徒然糞を産んだシーズン。
マジで2085の時当たった1500台のドーブルバトンの回避爆上げマン許せない。
レートはその後指数関数的に下落し、最終的にレリセし、死亡。

S11

どうにかして2100は復帰したいと意気込んでた。
このシーズンから今に至るまでガルガブクレセはほぼ固定してる。
2100乗る前の3連戦全部ボルトメタモンで全部ガルーラで殺した。

S12

自身最高レートを更新し、自身初の両ROM2100を達成するもピークを最後に持ってくることが出来ず、構築が破綻し無事サブROMが死亡。このままメイン潜っても2100切るだけだと思いクソダサい保存。

クソゲークソゲー言いながらやり続けてるけど、今期は本当に終盤潜れないんでやらないと思います(n回目)
  1. ポケモン
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

S12お疲れ様でした。
S12はこの構築で割と早い段階でに2ROM2100に乗せることが出来、また最高2174まで行ったので2200も視野に入りましたが、その後構築の欠陥が見つかり、PTを変更しているうちに満足のいかないシーズンとなってしまいました。

他人のシーズンの振り返りほど見てて面白くないものは無いのでPT紹介の方に移っていこうと思います。




○ガルーラ@ナイト 陽気AS
猫騙し、捨て身タックル、冷凍パンチ、地震
選出のしやすさが売りの最速猫騙し+捨て身タックル型。
サブウェポンとしては冷凍パンチは打ちたい相手が最も多く確定であるが、地震の枠をもう少し考えることが出来たなら選出の幅を広げることが出来た可能性がある。
具体的に言うと炎のパンチの採用で、ナットレイ入りに対しては後述するクチートを選出することが多かったが、そうするとナットレイ+炎(主にヒトムやアローなど)に対して不利を取らざるを得なかった。この並びを誘って崩しに行ける炎技採用はすべきだった気がする。


○ガブリアス@スカーフ 意地AS
逆鱗、地震、ドラクロ、雪崩
恐らく僕自身が最も頻繁に使用しているであろう意地スカガブ。
しかし今期は舞陽気リザXや臆病ウルガモスの増加により意地スカガブに以前のようなストッパー性能を持たせることが難しいシーズンであった。(なら陽気で使えという話だが対メガゲンガーを考慮した際一長一短)
逆鱗と地震以外打たないんでその技スペ2枠ガルーラにくださいってもう10000000回言ってる。


○クレセリア@ゴツメ 図太いHB
サイキネ、スワップ、毒、月光
最も大切な役割対象である対バシャーモへのサイキネ。
最も負担をかけられる毒。
サイクルをまわす為の月光。
選出幅を広げられるスワップ。
クレセリアの氷技は個人的に不必要と感じている為不採用。


○クチート@ナイト 意地HA
じゃれつく、叩き落とす、不意打ち、剣舞
ガルーラの苦手な所に対する刺さりの良いメガクチート。
択の多さ故に使用を避けてきたポケモンであったが、有利対面を作った際の圧力は凄まじく、活躍機会も多かった。
しかし、普段からクチートを使用している人たちのような所謂神読は一度も行えなかった。


○化身ボルトロス@オボン 臆病 172 最速
10万、めざ氷、悪巧み、電磁波
電気の一貫があるPTを崩壊に導くことのできる悪巧みボルト。
シーズンが進むにつれ対策が進んだことや流行りのカバ+ゲッコウガに隙を見せることが多かったため使用感はイマイチ。


○キノガッサ@気合の襷 陽気 AS
種ガン、マッパ、キノコの胞子、剣舞
対面性能、対カバルドン展開、ストッパーとしての性能を評価してキノガッサの採用。
岩石封じを打ちたい相手には鬼火を持たれていると返り討ちにあったりと安定しないことが多いと感じた為、ガルーラとの役割集中を可能にする剣舞を採用。
剣舞採用により今シーズン数を増やしていたガルクレセサザンのような構築をボコしに行けるのもメリット。
ガルーラとゲンガーの1-1を"取らせてあげる"事でキノガッサで無双というようなケースも少なくなかった。

[選出]
vs対面構築、vsカバルドン展開
ガル+ガブ+ボルトorガッサ
vsガルクレセ〜
ガル+ガッサ+クレセorガブ
vs害悪
ガル+ガッサ+ボルト
vsガルーラの出せなそうな所
クチート+何か

上記の通り基本的にはガルーラを選出していく。
また、この構築の致命的弱点にバナ入り受けループに一方的にシコられるというものがあり、使用者にはオカズにされ続けた。

このようにこの構築は欠陥が目立ったが、最高レートを更新する事が出来、多少なりとも満足している。
ただ、2200乗れなかったのは非常に悔しいですねぇ〜
来季はモチベ的に微妙なんで戻ってきた時は対戦よろしくお願いします。
もし質問・意見等があればコメントもしくはツイッター@banao_pokeまでよろしくお願いします。

キャス中だった為綺麗な画像ありませんが一応最高レート。

最終
本ROM 2109
サブROM 忘却の彼方へ消えたよ。
  1. ポケモン
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

僕がS11に使用していた構築をメモとして残しておきます。
今季の目標レートは2150でしたが最高最終共に2101でした。なんとも言えませんね。。
使用していた構築は以下のようになります。


(頼むからそろそろgifの貼り方覚えてくれ…)


それでは個体解説を採用順に記していきます。

◎ガルーラ@メガ 陽気AS
猫騙し、捨て身、レンチ、地震
採用理由は最も多くの相手を対面から倒せるため。
ガルーラに後述のクレセリアを後出しするのが非常に困難になっていたため、ガルーラを対面処理出来る可能性が最も高い最速猫捨て身、範囲の広くなるレンチ地震。
あまりの意地ガルの多さからガルーラ対面で負ける事はほぼなかった。
強い。

◎ガブリアス@襷 陽気AS
逆鱗、地震、岩石、剣舞
前述のガルーラに崩し性能がないため剣舞ガブリアスを採用。
抜群の安定感があり、ヤチェより発動機会が多く、ラムより行動保証のかかる襷での採用。
強い。

◎バシャーモ@珠 うっかりや CS
飛び膝、大文字、めざ氷、守る
ガルーラを使っていると面倒くさく感じるナットレイ+αの並びやボーマンダ入りに総じて強いため採用。
A無振りとはいえ飛び膝の火力は申し分ないためガブマンダへの乱数を考慮してC振り。
メインウェポンが命中不安であるが、馬鹿力に魅力を感じず、炎技→めざ氷を打ちたいシーンが多くなると思ったためこの技構成。しかし膝外しが負けに直結した試合は無く、大文字外しが負けに繋がった試合も数多くの試合のうち2試合だけであり、逆に膝文字で勝てた試合の方が遥かに多かった。
強い。

◎クレセリア@ゴツメ 図太いHB
サイキネ、電磁波、毒毒、月光
このPTの汎用物理受け。ガルーラを使用する際の障害であるバシャーモに非常に強く多くの物理ATを相手に出来る。
僕が考え得る最も腐りにくい構成にまとめてある。
特殊ATに対しても毒→月光で粘ることが可能。
強い。
硬い♡可愛い♡クレセリア

◎クレッフィ@残飯 穏やかHD
イカサマ、威張る、電磁波、身代わり
テ ン プ レ
ここまでで重くなりすぎたゲンガーを考えるとドランやギルガルドを鋼枠とするのには抵抗があったため採用。
Sをテンプレ(?)クレッフィ+2にしてある。
有利対面で後続を考えて威張る電磁波を撒き散らす。
強くない。変えた方が良い枠。

◎ボーマンダ@石 陽気HS
捨て身、羽、毒毒、身代わり
今回のガルーラが出せない受け回しベースの構築を崩すために採用した。
このポケモン自体性能は非常に高いのだが、補完としてではなく軸として採用した方が強いと思うので明らかにミス。
何よりもマンダを選出するとガルーラを出せない。
強いけど変えた方が良い。

目標レートに届かなかったため、記事を書くのをやめようかと思っていたが、昨シーズン奮わず2100に乗らなかったのもあり、自己満の為に更新。
まぁ元々ブログとは完全に自己満足を得る為のものだと考えていますしね?

来シーズン以降は忙しくなる為シーズン終盤以降は潜れなくなると思いますが、当たった際はよろしくお願いします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。







  1. ポケモン
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ばなおぽけ

Author:ばなおぽけ
平凡で、心安らぐ日々を送りたい…世界が…許してくれる、なら…

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。