FC2ブログ

下半身が新品な君たち、、、寄っといで

僕らはみんな可哀想

ある程度の期間煮詰めていたガルーラ+メタグロスの2メガを軸とした構築が自分の中で1つの形になったので記事に
レートは56-24で1950のチンカス
*その後3連勝で2000乗りました


ガルーラ@メガ 陽気AS
猫騙し 捨て身タックル 冷凍パンチ 炎のパンチ
従来通り猫騙し+捨て身タックルで対面性能を高めたガルーラ
今回は後述の炎枠が歪であるのに加えナットレイが大量に増殖していたため炎のパンチを採用



メタグロス@メガ 陽気haS
アイアンヘッド 地震 冷凍パンチ 雷パンチ
こちらもガルーラ同様対面系統との殴り合いに優れる駒
技構成に関しては基本となる3つと今回の構築では電気タイプを採用していないため打点を補う雷パンチを採用


ランドロス@ゴツメ 腕白HBベース
地震 岩石封じ はたき落とす ステルスロック
メタグロスと組ませる上で面倒になる地面への耐性とPTに組み込みたい電気耐性を併せ持っている点を評価
また、威嚇での後続サポートやステルスロックを撒く事でPT全体での対応力を大幅に上昇させている(vsウルガモス、リザードン、パルシェンetc)
はたき落とすの枠は蜻蛉返り、毒辺りとの選択だが、相手の拘りスカーフをはたく事で相性関係を逆転させることや、食べ残しや進化の輝石の様な厄介なアイテムをはたく事で擬似的な崩しも行える点を評価した
面倒なvs砂にも強い


ミミッキュ@ゴーストZ 意地AS
じゃれつく シャドクロ 影打ち 剣舞
PTに足りない数値受けを崩す駒でありながら十二分な対面性能を有しているため採用
対面性能をさらに上昇させるならフェアリーZの採用も一考だが、今回の構築ではゴーストZの方が優先度が高いと判断した
vs受けループを崩せる唯一の駒



ウルガモス@拘りスカーフ 控え目CSベース *虫の知らせ
オーバーヒート 炎の舞 虫のさざめき めざめるパワー氷
現環境でのウルガモスは蝶の舞前提の型が多いためマークが厳しく、更に自ら用いる際には舞う隙が無かったり、舞ってもサブウェポン次第で止まる範囲が多いと感じていた
しかし、拘りスカーフを持たせることでカプ・コケコやゲッコウガ、ゲンガー等の初手に来やすいポケモンに対して奇襲をかけ数的アドバンテージを取れると踏んだため拘りスカーフを持たせた
奇襲後に大きく作る隙をガルーラやランドロス、ミミッキュで補う必要がある


ゲッコウガ@命の珠 臆病CS
冷凍ビーム 草結び めざめるパワー炎 水手裏剣
環境に余りにもナットレイが多すぎると感じたため、ナットレイを囲む周辺を全て殺せるような構成のゲッコウガ
「ナットレイが多いな。なら炎枠入れたろww」ではナットレイサイドもケアしているため、視えない所からの崩しが効果的と考えた
冷凍ビームはvsボーマンダ、ガブリアス、ランドロスに対して、草結びはvsマンムー、カバルドンに対する打点、ステルスロックと併せることでウルガモスを捌け、加速したバシャーモに対する打点になる水手裏剣、そしてめざめるパワー炎でナットレイを焼き払う、死ね
上記のようにナットレイ周りに良くいるタイプで誤魔化すオタク供を逆にタイプで分からせていく
ナットレイ絡みへの専門性に特化しているため、メタグロス等への打点になり広い等倍範囲を持つ悪の波動は不採用
ナットレイ絡みに関してグチャグチャ書いたけどランドロスやメタグロスとの相性が良いためその他の構築にも普通に出します






PT全体としてポリゴン2、バシャーモの2匹が死ぬほど重く、基本的にミミッキュでどうにかするしかない

vs受けループもミミッキュでどうにかするしかない

ミミッキュの性能でどうにかしてる部分が多過ぎるため少し軸を見直して新しい構築を考える必要あり
  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

引き続きS1の使用構築紹介
最終日前日、最終日に使用したもの



エスパーZカプ・テテフのvsガルーラ軸に対する性能の高さを感じた為軸にしてPTを組んだ

カプ・テテフ→ガルーラ→テッカグヤ→ガブリアス→カプ・コケコ→ミミッキュ
という採用順序
ガルーラ、ガブリアス、テッカグヤ、カプ・コケコの型は全て(1)と同じなのでそちらを参考にして欲しい


カプ・テテフ@エスパーZ
実数値:145-×-100-182-135-157
技:サイコキネシス ムーンフォース 10万ボルト 挑発
ガルガブカグヤパルテテフ@1のようなvsガルーラ軸に対しての強さを感じた為軸として採用した
意地っ張りのガルーラが多く、上からワンパンしたかったので臆病で採用
初手のテテフ-ガルーラ対面でZサイキネを押すことでガルーラ軸を崩していくことができる
実際に当たったガルーラ軸の殆どが先発ガルーラで突っ張って死んでいき、テッカグヤに引かれた場合でもカプZと異なりウイの実が発動せずDに厚く振られていない限り10万ボルトで落とすことができた
ガルーラの後から展開されるパルシェンに刺せる挑発、汎用打点としてのムーンフォースで完結した

B:パルシェンの氷柱張り確定耐え
C:Zサイキネで207-125ガルーラ確定1
S:最速ポリゴンZ抜き


ミミッキュ@気合の襷
実数値:131-156-100-×-125-148
技:シャドークロー じゃれつく 影打ち 剣の舞
当初はパルシェンを使用していたが、余りにもマークが厳しかったので採用
2回の行動保証があるため無難に強い


考察はしていたもののエスパーZカプ・テテフを使い始めたのが最終日前日ということで後一歩まとめ切れなかったことが残念

S1対戦してくださった方々ありがとうございました

僕はこれから卒論書きます
  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

お久しぶりです。
ORAS最終期に少しポケモンから離れていましたが、新作でモチベーションが高かったのでレートに潜っていました。
使用していたPTは以下のようになります。



ガルーラやガブリアス、パルシェン、ミミッキュといった物理ATで役割集中を行い、相手のPTを疲弊させることを目指した。
クッション役としてテッカグヤ、積みへの解答兼高い制圧力を持っているという理由でカプコケコを採用して構築が纏まった。



ガルーラ@ガルーラナイト
実数値:191-194-121-×-124-138
技:猫騙し 不意打ち ブレイククロー 地震
猫騙し+不意打ちによる高い対面性能とブレイククローによる強引な崩し性能に魅力を感じて構築の軸に採用
配分はA最大準速85族抜きまで上げて残り耐久にしたが、Sを落としてコケコのZ10万耐えまで振った方が良かったように感じた
ラストワンウェポンは範囲の広がる地震


ガブリアス@ドラゴンZ
実数値:183-182-115-×-106-169
技:逆鱗 地震 炎の牙 剣の舞
最初期は炎Zで採用していたが、打つ機会がほぼテッカグヤピンポイントだったことを踏まえてより汎用性の高いドラゴンZに変更した
行動保証と崩しのバランスを取るために多少耐久に割き、意地っ張りで採用した方が強かったと感じた


パルシェン@気合の襷
実数値:125-161-201-×-65-122
技:氷柱張り 氷の礫 ロックブラスト 殻を破る
メガガルーラやZ技で相手の数値受けを疲弊させたり、鋼を削った後に一貫を取りに行く為に採用
気合の襷による強力な行動保証を盾に突破力を向上させている
終盤になるにつれ意識され動かし辛くなった
PT解散の原因


ミミッキュ@ゴーストZ
実数値:131-156-100-×-125-148
技:シャドークロー じゃれつく 影打ち 剣の舞
特製化けの皮を活かした行動保証とゴースト+フェアリーの範囲に惹かれて採用
持ち物は剣の舞後にテッカグヤを大きく削ることのできるゴーストZ
比較的多くのPTに出しやすく、活躍度も高かった


テッカグヤ@ゴツゴツメット
実数値:201-122-155-114-133-87
技:ヘビーボンバー 地震 火炎放射 宿り木の種
自身の耐久値や耐性により役割破壊され辛く、広い技範囲とゴツゴツメットにより高い削り性能を誇るテッカグヤ
配分はB方面182ガブリアスの+4炎の牙耐え、D方面147カプ・コケコのフィールド下10万耐え
技に関してはタイプ一致かつ最大打点のヘビーボンバー、vsハッサム、テッカグヤ意識の火炎放射、ジバコイルや炎に対して打点となる地震、サイクルを回すための最低限の補助となる宿り木の種とした


カプ・コケコ@拘りスカーフ
実数値:145-×-105-147-96-200
技:10万ボルト ボルトチェンジ マジカルシャイン 草結び
パルシェンを初めとした積みエースや雨、高速ATを上から潰す駒として採用
フィールド下の電気技の火力には目を見張るものがあり、スカーフ持ちでありながら崩しを行うこともできる

最高レートは2194
解散時のレートは2001


積み+Zで崩しを行うことが多い為、相手の守る一つで戦況が変わったり、再戦に強くないといったレートをする上で致命的な欠陥を持っていた
また、あまりにもゴリ押し志向が強く、自分らしくないPTになってしまったので次のシーズンは納得できるようなPTで戦いたい
  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

S15お疲れ様でした。今季は本気で2200を目指しており、また2200が多く輩出されたシーズンであったためただただ自力の無さを嘆くばかりのシーズンとなってしまいましたが、ORASにおいて最も長く使用した愛着のある構築のため記事にしていこうと思います。



構築のコンセプトは、規格外の対面性能を持つ「ガルガブゲンガッサ」を軸に対面選出が苦手とするvsサイクルにおいて「クレセドラン」で対応していこうというものです。そのため選出は対面をベースに考え、厳しい所をサイクルで処理していく形になります。

以下個別解説に移ります。


ガルーラ@ガルーラナイト
181-176-121-×-121-167
猫騙し 捨て身タックル 冷凍P 地震
対面選出の核となり、サイクル選出にも無理なく組み込めるメガ枠であるメガガルーラ。採用理由は最も分かりやすく勝つため。
多くなるであろう対面選出の際に相手のガルーラからの安定した引き先を作れないため最速の猫騙し+捨て身タックル型。これによって少なくとも相手のガルーラを削ることが出来るため、後続での処理が可能になる。サブウェポンとしてはガブマンダに対する明確な打点となる冷凍P、非接触であり最も対応範囲が広くなる地震。サイクル選出においても猫騙しの存在により詰め、定数ダメージ稼ぎ、高い対面性能を活かした数的優位を創り出す力により対戦を優位に進めることが出来る。命中安定で固めてあるため外し負けといった運負けが少なく、急所や氷による運勝ちの押し付けが強い。


ガブリアス@スカーフ
183-200-116-×-105-154
逆鱗 地震 岩雪崩 空元気
対面選出において@2で荒らした後の掃除役や相手の高速ATを潰す役割を担い、サイクル選出においてもサイクルを回した後のスイーパーとして機能することもできるスカーフガブリアス。
今季はスカーフガブリアスが多いと感じていたため、ガルーラの秘密の力を意識した配分ではなく素直なAS極振り。
構成は逆鱗、地震は確定として岩技は命中を重視した。打った相手がほぼファイアローしかおらず、エッジである必要性は個人的に感じなかった。空元気の枠は詰みの要因を減らせ、極一定数居るメガハッサム入り積み構築に対して選出を歪まされない炎の牙の方が良かったと思われる。(空元気は一度だけ打つ機会があったが、何故か空元気の存在を忘れており打たずに負けた)


ゲンガー@命の珠
135-×-81-182-95-178
シャドボ 気合玉 凍風 道連れ
ガルーラとの同時選出を可能にし、キノガッサに襷が回ることを考えた珠ゲンガー。サイクルPTを破壊する駒でありながら広い技範囲と道連れにより対面性能を落とさない。対面選出において唯一ガルーラミラーでの後出しが可能であるため、ガルーラが猫同速に負けた場合引き先となる。
道連れにより最大の誤魔化し性能とvsガルーラ性能を保ち、メインウエポンのシャドボ、受けルを刈り取りラス1ガルーラにワンチャン残せる気合玉、ラストにはガブリアスやランドロス始動のステロ展開でステロを撒かせず、重めなボーマンダ入りに対する最低限の打点になる凍風を採用。副産物としてSを落としてから後続のキノガッサに繋ぎ上から胞子を打つことも可能になる。


キノガッサ@気合の襷
135-182-101-×-80-134
種ガン マッパ 剣舞 胞子
対面選出における崩しの切り札である剣舞ガッサ。気合の襷による対面性能と胞子剣舞による崩し性能を両立している。
ガルーラが相手のガルーラに猫捨てを耐えられた場合、胞子が安定となるように陽気ASでの採用。これによりミラーにもある程度自信を持てたり、臆病個体数の関係からヒードラン等にも積極的に胞子を選択出来るようになった。


クレセリア@ゴツメ
227-×-189-95-151-105
キネシス スワップ 毒 月光
ガルーラと組ませる上で障害となる高速格闘に対して圧倒的な強さを誇るクレセリア。
格闘に対しての打点となるキネシス、高耐久を崩す毒、対応範囲が最も広がるスワップ、サイクルを回すための月光で完成されている。
弱点として多くの人が挙げる起点のなりやすさはヒードランの毒守と併せて処理したり、ガルーラやキノガッサ、ガブリアスで対策する事が可能なため気にならなかった。


ヒードラン@残飯
193-×-127-151-160-114
マグスト 毒 守る 挑発
クレセリアとの並びでサイクル界最強の「クレセドラン」の並びを作れ、毒マグストによる崩しを担う。
挑発は自分が"ヒードランシステム"と呼んでいたvsスイクンの他にクレセリアの乱舞展開、ゲンガーの道連れケア、ニンフィア等の瞑想防止など個人的には大地より優先度は高め。その結果HDファイアローやクレセドランミラーが重くなってしまったが、ファイアローはサイクルを回し毒を2回入れる、クレセドランに関してはキノガッサ、ゲンガーで崩しを行う事が出来るためメリットの方が大きいと感じている。

選出パターンとしては
ガルーラ+ガブゲンガッサから2
ガル(ガッサorガブ)クレセドラン(vs一部サイクル)
ゲンガクレセドラン(vs受けル)

昨シーズンまではゲンガーをメガとして採用していたが、その結果ガルーラの選出が減り、対面選出としての圧力が減少しているように感じていたため、ゲンガーの火力や技範囲を広げることで崩しを行え、ガルーラとの同時選出でもパワーを落とさない型にしてガルーラをほとんどの試合で選出できるようにした。
対面選出、サイクル選出を使い分けることで幅広い相手をすることができ、選出段階で辛いPTと言ったのはそれほどなかった印象。

最高レートはキャス中に記録した2150



ここから連敗し、その後20戦ほど2100帯で戦うもレートを上げ切ることが出来ず、最終レートはドブ川のようなものになってしまった。



  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

昨季使用した構築の紹介



特筆することも無いガルクレセですが個別解説の方に移って行きます。


ガルーラ@ガルーラナイト 陽気AS
猫騙し 捨て身タックル 冷凍P 炎P
ガルガブガッサ、ガルクレセドランといった対面選出、サイクル選出の両方に組み込める型を目指した。
最初は猫捨てレンチ地震で採用していたが、途中でボーマンダ+ナットレイのような不快サイクルが多いと感じたため、そこを分からせかつAの指数を落とさない冷凍P炎P両採用のこの構成に落ち着いた。
他に意地AS秘密不意砕くグロウも試したがこの構成が最もしっくりきた。
型を変更するだけでメタを潰すことの出来る間違いなく最強のポケモン。


ガブリアス@拘りスカーフ 意地AS
逆鱗 地震 雪崩 空元気
ガルガッサが相手の受け駒を疲弊させた後やクレセドランでサイクルを回した後の〆として、単純でありながら最も優秀であると思い採用した駒。
素のSが高いためS上昇系積みエースへのストッパーの役割、高速ATを上から潰す役割も担っている。


クレセリア@ゴツゴツメット 図太いHB
サイキネ スワップ 毒毒 月の光
ガルーラを使う際に対応が難しいバシャーモやミミロップといった格闘を高い物理耐久で受けることが出来、後続に毒毒等で負担をかけて行ける。
役割対象であるバシャーモはバトンタッチの採用率が高いが、後続に毒を入れることでガルーラの猫騙し騙しやキノガッサの先制技と合わせて処理がしやすくなる。
ムンフォ毒電磁波月光の型も考えたが、より選出幅を広げられるのがこの型と判断した。
メインウェポンであるサイキネをムンフォしようか迷ったが、親子愛を奪ってもガルーラの身代わりが割れないと分かり断念。



ヒードラン@残飯 穏やかHD基調
マグスト 挑発 守る 毒毒
クレセリアとの補完に優れ、その組み合わせにより多くのポケモンの相手が出来るヒードラン。
以前採用した際にマグストを全く当てなかったため採用を渋っていたが、実際使用してみると命中通りに技を当て、追加効果も優秀なため重宝した。
マグストを当てた状態でメガゲンガーと合わせることで、実質メガゲンガー2匹のような形になり相手の自慢の交換読み交換を防ぎ快適な戦いを送れた。
挑発は相手のスイクンは当然のこと、クレセリアのトリル乱舞瞑想辺りを防ぐほか、ニンフィアの瞑想、ゲンガーの道連れを防いだりと有用なシーンが多かった。
この自覚のあるヒードランを貸してくれた某犯人の方には心からの感謝を送りたい。



ゲンガー@ゲンガナイト 臆病hcS
祟り目 ヘド爆 鬼火 道連れ
XYS4から愛用している構成のメガゲンガー。
ガルーラ軸で面倒なサイクル系統の構築にクレセドランと合わせて選出していく。(筈であったが恐らく選出率トップ)
ガルーラでゲンガーと1-1をとった後に剣舞ガッサで暴れてくる役割集中をガルーラに鬼火を当てた後にクレセリアと合わせて見れる鬼火、クレセドランで状態異常を多く撒くため祟り目、汎用打点としてのヘド爆、ゲンガーがゲンガーである所以の道連れで完結している。
ゲンガー対面で強い構成ではないため、意地ガブの逆鱗耐えまでのHBと最速を確保し、残りは火力を求めてC振り。


キノガッサ@襷 陽気AS
種ガン マッパ 胞子 剣舞
気合いの襷を盾に高い対面性能と崩し性能を併せ持つ剣舞ガッサ。
クレセドランで大きく隙を見せるスイクンに対して強く、眠りターンや種の数に依存するもののタイプ的に不利な相手でも突破可能。
意地ガッサ抜きの耐久ベースガルーラが多いと感じたため最速。ガルーラにS勝負で勝ってることが多く、この点は良かったと思う。

「ガルーラで荒らし、ガッサで崩し、ガブリアスで〆る」
「ゲンガーで無理な駒を潰し、クレセドランで詰ませる」
のがこの構築で大きな2つの勝ち方であった。

選出をミスらなければ選出段階で辛いPTが少なく、対面選出の場合ガルガッサで運勝ちを拾えたり、サイクル選出でも高い数値によって外し負けや急所負け等があまりなかった印象。

最高レートは2184

ここまではマッチング運、対戦運共に良かったが、1600代1800代に連敗した所で力尽きた。
この前にも自らのプレミを含めてシングル最強候補の方を2200に行かせてしまっていたり、XY終盤に僕がクレセドランを使う原因となった立ち回りが全然甘くない方に負けていたりと2200常連の超一流の方々との差を感じた。

この構築はS13で上位に行った方のPTと全く同じ並びであり、その方のPTの完成度の高さに感銘し参考にして、ゲンガッサの並びを試行錯誤しながら組んで行ったが結局同じ並びになった。(ガッサスイクン、ボルトガッサ、ボルトゲンガー、ゲコゲンガー、ゲンガースイクン等を試した)

また、同じ並びでS14で1ページ目に載っている方もおり、自分が今回2200に乗れなかったのは自らの力不足であると感じている。


S14はリアルの関係でORASで2200を目指せる最後のシーズンであったため、本気で目指しに行ったが後一歩の所で逃してしまい本当に悔しい。


もし新作が発売されシングルレートに戻ってくることがあれば、全力で頑張りたい。



〜Special thanks〜
自覚個体値31のヒードランを貸してくれた犯人ことロジウニ君
今回の構築には入っていないもののボルトロスを貸してくれたCさん
毎回ツイキャスを見に来てくれた魔界蹴球部の面々+池沼おにいやん数人

  1. ポケモン
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ばなおぽけ

Author:ばなおぽけ
平凡で、心安らぐ日々を送りたい…世界が…許してくれる、なら…

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -